The Japanese Society for Clinical Microbiology
一般社団法人日本臨床微生物学会
HOMEへ戻る

会員の皆様へ

第27回日本臨床微生物学会教育セミナー アドバンストコース

定員に達したため募集を締め切りました

日程:令和3年9月4日(土曜日)13時〜18時
場所:Web開催(AP品川アネックスより配信)
担当
渋江 寧(横浜市立みなと赤十字病院感染症科・感染管理室)、
佐々木 雅一(東邦大学医療センター大森病院臨床検査部)
テーマ抗菌薬適正使用活動における診断、治療に関して

 薬剤耐性(AMR)対策の推進として院内に抗菌薬適正使用支援チーム(AST)を設置するとともに、微生物検査・臨床検査の利用の適正化が提唱されてから久しいが、コロナ禍においてもASTの重要性は変わらない。
 今回のセミナーでは、感染症診療および抗菌薬適正使用支援(AS)に貢献できるAST活動、それに準じた活動を目指す際に、何が必要かを考え、理解し、行動できることを目的とする。そのために臨床に携わる医師・臨床検査技師・薬剤師・看護師に向けて、感染症診療の原則を踏まえた実践的な病態把握と治療方針の選択に関して学ぶ機会としたい。
 セミナーの内容は、Zoomを用いた半日のスケジュールで、感染症診療における診断推論、ASTにおける薬剤選択、AMRを中心とした微生物に関する講義に加え、臨床微生物学会の教育委員会委員中心に構成されるファシリーテーターを交えたグループディスカッションを予定している。
 ASTとしてより良い活動に繋げるために、ベーシックを押さえつつ、よりアドバンストな内容を受講者へ提供したい。

参加費:1,000円
募集人数:120名(先着順受付)
参加資格
AST活動に関わる、またはそれに準ずる活動に関わる医師、臨床検査技師、薬剤師、看護師
非会員の参加も可
申し込み方法定員に達したため募集を締め切りました
事務局
〒 141-0031東京都品川区西五反田 1-26-2五反田サンハイツ 1209
日本臨床微生物学会事務局 E-mail:jscm@qk9.so-net.ne.jp
TEL:03-5437-1480 FAX:03-5437-1488

プログラム
12:20-13:00 受付
13:00-13:10 開会式
13:10-13:40 講義@ 診断推論についての考え方(仮)(東京医療センター 総合内科・感染症内科 片山 充哉)
13:40-14:10 講義A ASTに必要な抗菌薬の知識(仮)(関東労災病院 薬剤部 内田 裕之)
14:10-14:40 レクチャーB AMRについて(仮)(東邦大学医学部 地域連携感染制御学講座 荻原 真二)
14:40-14:55 休憩
14:55-16:00 症例提示・グループディスカッション
症例提示@(北海道大学病院内科T 鎌田 啓佑)
症例提示A(神戸大学病院感染症内科 西村 翔)
症例提示B(東京医療センター 総合内科・感染症内科 森 伸晃)
16:00-16:15 休憩
16:15-17:50 症例解説・全体質問
17:50-18:00 終了式

HOMEへ戻る このページのトップへ
Copyright © 2002 日本臨床微生物学会 All rights reserved.