The Japanese Society for Clinical Microbiology
一般社団法人日本臨床微生物学会
HOMEへ戻る

国際委員会

国際委員会からのお知らせ > 国際委員会 2014 CLSI報告

国際委員会 2014 CLSI報告

CLSI 29 JUNE-1 JULY 2014 AST meeting報告
(2014年6月29日〜2014年7月1日:カリフォルニア州サンディエゴ)
舘田 一博(東邦大学)、大楠 清文(東京医科大学)

 2014年6月29日〜7月1日に開催されたClinical Laboratory Standards Institute (CLSI)のAntimicrobial Susceptibility Testingミーティングに、日本臨床微生物学会から国際委員会委員長の舘田一博(東邦大学)と大楠理事が参加したので報告する。3日間にわたる議論が行われ、以下の内容が決定された。その概要を項目別に報告する。なお、今回の会議で決定された事項については2015年1月のASTミーティングまでは最終ではなく、最終決定版はパブリックコメントを受けた上で2015年の1月に公表される予定である。

ブレイクポイントワーキンググループ Part1

  • S. enterica serovar TyphiとS. enterica serovar Paratyphi Aに対するazithromycinのブレイクポイントが提案され、以下のことが承認された。
    • 微量液体希釈法では、Susceptible≦16μg/mL、Non-susceptible≧32μg/mL
    • ディスク拡散法(15μg)では、Susceptible≧13mm, Non-susceptible≦12mm

M45ワーキンググループ

  • M45に新たに記載する病原体や文献情報の更新、注釈の変更が承認された。その概略は以下の通りである(新設の表や重要な変更箇所を赤字で表記した)。

M45 Summary of Activities to Date by Organism Group

  Organism Group Addition/Modification for M45 A4
1. Abiotrophia spp. and Granulicatella spp.
  • No new data; update references
2. Aeromonas spp. and Plesiomonas shigelloides
  • Harmonize β-lactam breakpoints with those of Enterobacteriaceae in M100
  • Update references
3. Bacillus spp. (not B. anthracis
  • Consider adding closely related genera
  • Update references
4. Campylobacter jejuni/coli
  • Reassess disk diffusion using MHA, MHA-5% sheep blood and HTM
  • Additional DD data will be assembled to further investigate addition of “S,I,R” breakpoints for ciprofloxacin and erythromycin
  • Determined MHA-5% sheep blood growth is best
  • Determined 42℃ and 24 h incubation is best (will recommend as only option and delete 36-37℃ for 48 h)
  • Reviewed MIC breakpoints for erythromycin, ciprofloxacin, tetracycline, and doxycycline and will retain as is
  • Update references
5. Coryneform bacilli
  • Reviewed breakpoints for penicillin, gentamicin, tetracycline, trim-sulfa (since these all different from EUCAST); no changes will be made.
  • Add newer species
  • Update references
6. Erysipelothrix rhusiopathiae
  • No new human data; will review animal data to see if anything new.
  • Update references
7. HACEK group
  • Concern about growth of some species/strains.
  • Performed growth studies in various broths to include CAMHB-5% LHB, HTM, BB-5% LHB + Vit K and hemin (BB), EUCAST's MH-F
  • Preliminary experiments suggest: HTM is superior to CAMHB-5% LHB; BB best for Eikenella
  • Additional growth studies in progress and will include some Kingella
  • Update references
8. Helicobacter pylori
  • Performed growth studies and confirmed that aged sheep blood for agar dilution results in better growth than fresh sheep blood
  • Add footnote that metronidazole should not be tested for in vitro resistance since there is no information suggesting results will predict treatment efficacy
  • Update references
9. Lactobacillus spp.
  • Agar dilution and BMD studies revealed meropenem MICs are 2-3 dilutions greater than imipenem MICs; will add note to table.
  • Update references
10. Leuconostoc spp.
  • No new data; update references
11. Listeria monocytogenes
  • Consider addition of comment that cephalosporins with MRSA activity (eg, ceftaroline) have been shown to have activity against Listeria
  • Consider addition of breakpoints for meropenem, linezolid, and carbapenems (EUCAST has these)
  • Update references
12. Moraxella catarrhalis
  • Consider removing cefaclor from the table as M. catarrhalis are generally cefaclor resistant
  • Reexamine breakpoints for cefuroxime
  • Update references
13. Pasteurella spp.
  • No new data; update references
14. Pediococcus spp.
  • No new data; update references
15. Vibrio spp.
  • Harmonize β-lactam breakpoints with those of Enterobacteriaceae in M100
  • Update references
16. Bioterrorism agents
  • No new data (CDC doing work with β-lactams and B. anthracis but unlikely to have any data prior to publication of M45-A3); update references
17. Quality Control Tables
  • Review and update as needed
18. Aerococcus spp.
  • New table
19. Gemella spp.
  • New table
20. Lactococcus spp.
  • New table
21. Micrococcus spp.
  • New table
22. Rothia mucilaginosa
(Stomatococcus)
  • New table

Quality Controlワーキンググループ

  • 新規抗菌薬AZD0914(Astrazenea; DNA Gyrase阻害剤)のN. gonorrhoeae ATCC 49226に対する寒天平板希釈法のQC rangeが提案された。承認されたQC rangeは0.06-0.5μg/mLである。設定のためのコントロールはceftriaxoneで提示された参考のデータを以下に示す。

    図表

  • 新規抗菌薬TD-1607(Theravans; Glycopeptide-cephalosporin heterodimer)の各QC株(S. aureus ATCC 29213、E. faecalis ATCC 29212、S. pneumonia ATCC 49619)に対するQC rangeが提案され、以下のように承認された。

    Organism QC Range
    (μg/mL)
    S. aureus ATCC 29213 0.002-0.008
    E. faecalis ATCC 29212 0.002-0.008
    S. pneumoniae ATCC 49619 0.001-0.004

ブレイクポイントワーキンググループ Part2

  • サルモネラ属菌のフルオロキノロン耐性試験に使用する薬剤としてpefloxacin(ペフロキサシン)が提案され、pefloxacin5μgディスクを用いたスクリーニング・ブレイクポイントはS≧24mm、R≦23mmで承認された。このブレイクポイント設定の根拠として以下のような(1)〜(3)が示された。なお、ciprofloxacinとnalidixic acidの両方のディスクを用いるとQRDR(Quinolone Resistance Determining Region)やPMQR(Plasmid Mediated Quinolone Resistance;qnrやaac(6')-Ib-cr)保有株を検出可能であるが、pefloxacinの方が優れているとの結論であった。

(1)ciprofloxacinのMIC値が≦0.06μg/mLの菌株(感受性)と≧0.12μg/mLの菌株(非感受性株)を判別することができる。

図表

(2)QRDR とPMQR(aac6, qnr)両方のフルオロキノロン耐性因子を保有する菌株と非保有の菌株を判別可能である。

図表

(3)ciplofloxacin、lovefloxacin、ofloxacinの微量液体希釈法のブレイクポイントMIC値と相関する。

  • pefloxacin 5μgディスクのE. coli ATCC 25922に対するQC rangeは25-33mmで承認された。
  • cefepime以外のセフェム系抗菌薬やaztreonamのS-DDブレイクポイントが提案されたが、現場の感染症医の意見を収集して再度、議論するべきである、との意見により承認は見送られた。なお、提案された菌群(菌種)はEnterobacteriaceaeとP. aeruginosaであった。

Methodologyワーキンググループ

  • carbapenemase産生株のスクリーニングのためにCarbaNP法をCLSIで採用することが議論され、承認された。
  • M100のTable 1とTable 2に記載されている薬剤で、現在使用されていない薬剤を削除するという提案がされたが、削除は見送られた。すなわち、Table 1、Table 2の両方から削除する薬剤の候補として提示されたのはcarbenicillin、methicillin、cephalothin、cephapirin、cefonicid、ceftizoxime、cefmetazole、moxalactam(latamoxef)、lorcarbef、spectinomycin、dirithromycin、cinoxacin、grepafloxacin、trovafloxacinであったが、cefonicid、ceftizoxime、cefmetazole、moxalactam(latamoxef)は現在も中国で使用されているため、再考してほしいと日本の製薬研究者から提案された。また、cephalothinはオーストラリアで使用されているとの報告もあり、再度、世界での使用状況などを調査することになり、削除は見送られた。

微量液体希釈法 Ad Hocワーキンググループ

  • 微量液体希釈法のMIC値のエンドポイント決定において、「Trailing」現象が生じた際の判定基準としてM02とM07に次のような文章と図を追記することが承認された。

「For Gram positive cocci when testing chloramphenicol, clindamycin, erythromycin, linezolid, and tetracycline, trailing growth can make endpoint determination difficult. In such cases, read the MIC at the first well where the trailing begins. Tiny buttons of growth should be ignored (see picture below).」

図表

上段では、MIC値2μg/mL、下段では1μg/mLと判定する。

Anaerobe Ad Hocワーキンググループ

  • Clostridium difficileに対するvancomycinのECOFF(Epidemiological cut-off value)をSusceptible≦4μg/mLとすることや表2Jへの追加が提案されたが、本提案自体に疑問が残るとのことで否決された

本質的耐性ワーキンググループ

  • Serratia marcescensに対するtetracyclineの本質的耐性に関してM100-S24のAppendix B1に Providencia stuatiiと同様な脚注(footnote)を加える。なお、doxycycline, minocycline, tigecyclineは含めない
  • Appendix B1の4段目Enterobacter cloacaeの後に「complex」を追加する。
  • Appendix B3のNOTE 1で「These Gram-positive bacteria are also intrinsically resistant to aztreonam…」と“These”を追加する。
  • M45に記載されている病原体の本質的耐性に関する表の作成を行うべきかが議論された。

次回のASTミーティング

次回のCLSI(Clinical and Laboratory Standards Institute) AST(Antimicrobial Susceptibility Test)ミーティングは、2015年1月11日〜1月13日に、米国フロリダ州フォートローダーデールで開催されることが報告された。

HOMEへ戻る このページのトップへ
Copyright © 2002 日本臨床微生物学会 All rights reserved.