感染制御認定臨床微生物検査技師(ICMT)制度

ICMT制度インデックス > 2020年度認定臨床微生物検査技師・ICMT同時更新の手引き

2020年度認定臨床微生物検査技師・ICMT同時更新の手引き

2019年4月1日

認定臨床微生物検査技師制度協議会
協議会会長 舘田 一博
審議会会長 三澤 成毅
受験・更新資格審査委員会委員長 田澤 庸子

 同時更新希望者は下記の要領にしたがって手続きしてください。

【更新対象者】

 2016(平成28)年1月1日付で認定臨床微生物検査技師資格を取得・更新した者でICMT資格を取得しているもの。

【更新資格】

 感染制御部(感染管理室)への所属、感染対策委員会委員、感染対策チーム(ICT)、学生への感染制御に関する教育・指導、またはそれらに準ずる活動の証明があること。
 臨床微生物学および感染症検査関連の学術論文、学会発表、学会・講習会の参加や活動により、登録更新に必要な資格審査基準単位を取得していること。
 5年間(2016年1月1日から2020年12月31日まで)で下の表より30単位以上取得していなければならない。
 うち少なくとも10単位は日本臨床微生物学会主催(日本臨床微生物学会参加・発表、日本臨床微生物学会雑誌投稿、教育セミナー参加、認定技師講習会参加およびこれらの講師・実務委員等)でなければならない。
 なお、単位申請については、証明する資料が明確に整っているものに限る。

認定臨床微生物検査技師・ICMTの同時更新申請に関する資格審査基準単位

分類 項目 単位数 備考
学術集会参加 協議会加盟団体主催の全国学術集会 10 学術集会発表とは別に取得
 同上地区、都道府県学会 3 学術集会発表とは別に取得
上記以外の団体主催の全国学術集会 8 学術集会発表とは別に取得
 同上地区、都道府県学会 3 学術集会発表とは別に取得
感染症、化学療法に関する国外学会 10 学術集会発表とは別に取得
 その他(細則1) 3 学術集会発表とは別に取得
学術集会・論文・著書発表 学会・研究会における発表:筆頭 8 学術集会参加とは別に取得
 同上:共同 3 学術集会参加とは別に取得
論文(原著、症例報告)発表:筆頭(細則1) 10  
 同上:共同 5  
その他の論文、技術解説、総説:筆頭 5  
 同上:共同 3  
著書発表:筆頭 5  
 同上:共同 3  
講習会参加 講習会、研修会の参加または発表    
 指定講習会(細則2) 10  
 その他(細則2) 3  
 厚生労働省委託 院内感染対策講習会 10  
 認定臨床微生物検査技師・ICMT合同講習会 5  
 ICD制度協議会が主催するICD講習会 5  
 ICMT協議会が推薦するセミナー、講習会、教育プログラムへの参加 3  
教育活動 協議会主催の教育活動等(講師・実務委員等)** 5  
臨床検査技師養成施設における教育活動 5  

:更新単位としてのみ認定する。
**:協議会所属7団体で微生物学関連のものに限る。

【更新申請手続き】

申請に必要な書類を整え、認定臨床微生物検査技師制度協議会事務局に送付する。なお、申請書1、2、3は当ホームページからダウンロードする。

  1. 更新料
    認定臨床微生物検査技師更新料(10,000円)+ICMT更新料
    ※ICMT更新料
    取得年月日2016年1月1日:5,000円
    取得年月日2017年1月1日:4,000円
    取得年月日2018年1月1日:3,000円
    取得年月日2019年1月1日:2,000円
    取得年月日2020年1月1日:1,000円
    *振込先:三井住友銀行目黒支店「普通 6739181 認定検査技師制度係」
     なお、納付された更新料は返却しない(更新できなかった場合も含む)。
  2. 申請に必要な書類
    ※書類はA4の大きさに統一し、左上を一括して綴じて送る。
    原本(業績証明書類含む)とコピー(申請書1,2,3)は別々に綴じる
    1)認定臨床微生物検査技師・ICMT更新申請書1の原本とコピー1部(計2部)
    2)認定臨床微生物検査技師・ICMT更新申請書2(様式2-1,2-2,2-3)の原本とコピー1部(計2部)
    3)業績目録の証明となるものの原本またはコピー1部
    • 抄録、別冊、参加証、出席証明書等は貼付台紙に添付し、証明書の通し番号を付記する。
    • 論文発表は論文のコピーまたは別冊、学会発表は抄録号のコピー、著書は書名と申請者名および発行年月日の記されているページのコピー(様式2-1)。
    • 学会、講習会、研修会への参加は、参加証の原本またはコピー(様式2-2)。
      但し、学会参加は氏名の記載された参加証が必要である。
    • 検査技師学校(大学、短大、専門学校)での教育活動は、学校名、講義内容、時間数、在任期間等を記し、学校の証明書(形式不定)を添付する(様式2-3)。
    • 研究発表、学会、講習会、研修会参加等の申請単位数を記入し、署名、捺印する(様式2-3)。
    • 日本・地方・都道府県臨床衛生検査技師会研修会、講習会の参加証明は、特例として、日本臨床衛生検査技師会ホームページ(JAMTIS)内の会員個人の「生涯教育対象行事検索」のページのハードコピーでも可とする(微生物検査関連の業績のみとすること)。
    4)認定臨床微生物検査技師・ICMT更新申請書3(または申請書4)の原本とコピー1部(計2部)
    5)更新料の振込受領書のコピー
    6)更新申請書類受領の連絡用の官製はがき(申請者の住所・氏名を記入)
  3. 申請受付期間:2020年11月1日から11月30日まで(必着)
  4. 申請書類送り先
     〒141-0031
     東京都品川区西五反田1-26-2 五反田サンハイツ1209
     日本臨床微生物学会事務局内 認定臨床微生物検査技師制度係
     TEL:03-5437-1480
     *角2サイズ(240mm×332mm)の封筒を使用し、簡易書留または宅配便で送ること。
     *封筒の表に「更新」と朱書のこと。
     *発送後10日以内に書類受領の連絡はがきが返送されない場合は、電話で問い合わせること。

【登録更新】

 書類審査に合格し、認定臨床微生物検査技師制度協議会、ICMT協議会で適格とされた者は、協議会より認定証が発行される。なお、認定期間は2021年1月1日から2025年12月31日までとする。

【問合せ先】

 文書(郵送、E-mail、FAX)にて、認定臨床微生物検査技師制度係までご連絡ください。
 電話での問合せにはお答えできません。
  〒141-0031
  東京都品川区西五反田1-26-2 五反田サンハイツ1209
  日本臨床微生物学会事務局内 認定臨床微生物検査技師制度係
  E-mail:jscm@qk9.so-net.ne.jp
  FAX:03-5437-1488

【申請書類および関係書類のダウンロード】

以上

このページのトップへ