The Japanese Society for Clinical Microbiology
一般社団法人日本臨床微生物学会
HOMEへ戻る

行事案内

第26回 医師・臨床検査技師・薬剤師・看護師のための感染症学セミナーのお知らせ

2021年8月吉日

一般社団法人 日本臨床微生物学会
理事長 舘田 一博

 日本臨床微生物学会では、医師、臨床検査技師、薬剤師、看護師、各学生などを対象に感染症学に関するセミナーを開催しております。各種感染症の診断、治療および微生物検査についてのレクチャーとケースカンファレンスを通じて、コモンなものからレアなものまでの臨床感染症学ならびに臨床微生物検査のノウハウを楽しく学ぶことができるように企画されています。
 今回は感染症診療の実際と題して、微生物学的検査における従来法と核酸検出検査による迅速診断法について2日に渡ってwebセミナーを開催することに致しました。今回は試行的に安価な有料化を実施いたします。
 学会員でなくても参加できるWebセミナーとなっておりますので、お誘い合わせの上ふるってご参加ください。

第26回 「感染症診療の実際〜従来法VS迅速診断法、あなたはどっち派?〜」

1.日程・内容

(1)2021年9月29日(水曜日) Part 1:血液培養陽性結果への対処法の今昔

委員長挨拶
大塚喜人(亀田総合病院 臨床検査部)

18:00〜18:20 従来法による血液培養陽性検体への対処法
佐々木雅一(東邦大学医療センター大森病院臨床検査部)

18:20〜18:40 迅速検査を用いたAST対策:血培のTAT短縮を頑張って抗菌薬選択を変えていこう!
上蓑義典(慶應義塾大学医学部 臨床検査医学)

18:40〜19:10 Case1:治療に難渋した人工血管置換術後感染の1例
吉澤定子(東邦大学医学部臨床検査医学講座/微生物・感染症学講座)

19:10〜19:40 Case2:当院での血液培養における迅速検査の経験
内田翔(慶應義塾大学医学部 感染症学)

19:40〜20:00 質疑応答

(2)2021年9月30日(木曜日) Part 2:様々な感染症における迅速検査の利活用

委員長挨拶
大塚喜人(亀田総合病院 臨床検査部)

18:00〜18:20 日常診療に迅速検査をどのように活かすか 〜亀田病院における取組〜
渡智久(亀田総合病院 臨床検査部)

18:20〜18:40 遺伝子検査機器におけるピットホール
大柳忠智(聖マリアンナ医科大学付属病院臨床検査部)

18:40〜19:00 Case3:抗原検査の結果から隔離措置が行われた1例
馳 亮太(成田赤十字病院 感染症科)

19:00〜19:20 Case4:迅速検査で解釈が難しかった症例(もしくは診療における留意点)
橋本英樹(東京大学医学部附属病院 感染症内科)

19:20〜19:40 診療報酬を含めた総括
大塚喜人(亀田総合病院 臨床検査部)

19:40〜20:00 質疑応答

2.参加申込み方法

  1. 以下のURLからお申し込みをお願い致します。
    申込時のmailアドレス宛に後日ZoomのURLをお送り致しますので、入力をお間違いないようお願い致します。
    https://select-type.com/ev/?ev=UFpYZK2TiSk
  2. 申込み締切り: 2021年9月26日まで
  3. 定員:1,000名(先着順)
  4. 参加資格は日本臨床微生物学会の会員・非会員の区別は問いません。
  5. 参加費;500円

感染症学セミナーWG担当委員:委員長 大塚喜人(亀田総合病院)、副委員長 中村竜也(京都橘大学)、副委員長 宇野俊介(慶應義塾大学)、佐々木雅一(東邦大学大森病院)、鈴木智一(都立大塚病院)、関谷紀貴(都立駒込病院)、吉澤定子(東邦大学)

HOMEへ戻る このページのトップへ
Copyright © 2002 日本臨床微生物学会 All rights reserved.